宮城県 福祉 情報公開 介護 保育園 採用情報 事業案内 施設案内 法人概要

#
ご不明な点はお気軽に法人本部事務局まで 電話 022-399-7550
採用情報

法人概要
home > 法人概要

行っている主な事業

児童福祉施設の経営

母子生活支援施設の経営

婦人保護施設の経営

老人福祉施設の経営

#

沿革

本法人の前身である恩賜財団同胞援護会宮城県支部(全国組織)は、大戦終結の激動時の昭和21年4月に設立、 (翌22年9月恩賜財団宮城県同胞援護会に組織替えする)海外引揚者、戦災者、遺家族、生活困窮者等の救済措置を行った。

昭和26年社会福祉事業法の制定に伴い、翌27年5月社会福祉法人宮城県同胞援護会の許可を得て、児童福祉施設の経営に当たり、 昭和50年12月社会福祉法人「宮城県福祉事業協会」に改称し、児童、老人等の福祉施設の経営及び宮城県、亘理町の指定管理者制度 による施設の管理運営を行っている。
(平成25年3月31日現在 法人職員数 286名)

恩賜財団同胞援護会宮城県支部(昭和21年4月)
恩賜財団宮城県同胞援護会(昭和22年9月)

行った事業

  • 引揚戦災孤児救援事業
  • 生活必需品供給事業
  • 生業資金の貸付
  • 奨学資金の貸付
  • 生活相談事業
  • 無医村巡回診療
  • 供給住宅=559棟
  • 旧軍関係建物(国有財産)を簡易住宅に転用、困難者に提供した。

場所

仙台、多賀城、鳴瀬、亘理、松島、石巻、女川、矢本などの各市町

  • 職業補導所(5ヶ所)及び授産場の経営(20ヶ所)
  • 母子寮の経営(3ヶ所)
  • 養護施設の経営(1ヶ所)

社会福祉法人宮城県同胞援護会(昭和27年5月)
社会福祉法人宮城県福祉事業協会(昭和50年12月)

本部事務局移転の経過

昭和21年4月 設立当時は宮城県民生部社会課内に置く
昭和22年7月 仙台市北一番町68番地に移転
昭和25年5月 仙台市跡付丁1の6宮城県社会福祉会館内に移転
昭和26年4月 仙台市二日町の大火で同会館が全焼したため、仙台市北一番町日本赤十字宮城県支部に仮移転する
昭和28年10月 仙台市外記丁に、宮城県社会福祉会館完成し移転
昭和48年2月 同会館老朽化のため改築、この間宮城県小田原母子寮に仮移転
昭和50年4月 仙台市青葉区本町3丁目に、宮城県社会福祉会館完成し移転
平成21年3月 仙台市太白区茂庭台、特別養護老人ホーム茂庭苑内に移転
現在に至る

法人創立記念式典開催経過

昭和40年4月20日創立20周年記念式典宮城県民会館小ホール
昭和50年10月18日創立30周年記念式典勾当台会館
昭和61年9月20日創立40周年記念式典仙台共済会館
平成8年12月7日創立50周年記念式典KKRホテル仙台
ページ上部へ戻る